※お客様個人の感想であり、効果効能を標榜するものではありません。

~菊芋の絆を食べてみて~

ウエルネス21の菊芋を飲み始めたのは約2年ほど前です。以前飲んでいた他社の菊芋は効果があまり感じられず、購入してもあまり真剣に食べていませんでした。

当時の私には「病気のデパート」というニックネームがありました。リウマチや網膜剥離だけでなく難病といわれる掌蹠膿疱症(※)という病気に10年ほど前から侵されていました。処方された軟膏を塗ると一時的にはよくなってもひどくなる一方でした。足の底には2cm位の深さの穴が二つ、左手親指の付け根にも同じものができました。ウサギのような便、石ころのような便、細い1m位の便、食べたものがそのまま出てくる時もありました。

菊芋の講義を聴講しているうちに菊芋を取り続けようという強い気持ちになりました。飲み始めて半年くらいで、オナラが良く出るようになりました。菊芋を真面目に食べ始めてから便通がとてもよくなりました。その後3ヶ月くらいで毎朝必ず1回。調子の良い時は4回出ることもありました。最近では目が覚めるとすぐに便意を催し、色は完全とは言えませんが形、サイズともに正常に近いです。そして掌蹠膿疱症がかなりよくなっていました。

御社の菊芋、特に「絆」は私の良き友であります。毎日1袋~3袋、その日の状態に合わせて服用しています。飲んでもらいたい人が周りにいてもなかなか信じてもらうことができません。

私がより良く心身共に健康の見本となることで理解してもらおう考えています。

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう→皮膚病の一つ。手掌・足底に無菌性の膿疱が反復して出現する病気。